プロフィール

『渡里恭平』のプロフィール

当サイトの管理人をしています。『渡里 恭平』と申します。

私は、理学療法士として一般病院、介護施設、整形クリニックを経験し、その中で「予防」というところに興味を持ち始めました。

その中で出会ったのが、「ヨガ」「ピラティス」などのボディーワークでした。

ピラティスとの出会い

理学療法士として普段の臨床の現場で「ピラティス」の考え方が個人的に理解しやすかったので、更に深くピラティスを学ぶようになり、その後、数少ないリハビリコースを持つピラティス団体の「Polestar Pilates®」のリハビリテーションコースの資格を取得しました。

準備期間を含めると約2年間を通してピラティスを深く学ぶことで、自分自身の身体の変化も実感し、またよりピラティスの良さを知ることが出来ました。

もちろんまだまだピラティスに関して、学びや実践を継続しています。

医療機関外でのパーソナルトレーニング活動

ピラティスの資格を取得後、パーソナルトレーニングを中心としたスタジオで活動し始めました。

パーソナルトレーニングでは、1対1でのピラティスを取り入れたセッションを行い、私がやりたかった「予防」というところに少しでも関わることが出来たと実感しています。

側弯症の方のサポート

医療機関にいるだけでは関わることが出来なかった方達との関わる中で、「側弯症」でお悩みの方が多いのを知りました。

側弯症の方の背骨や姿勢の状態はすごく独特です。

当時は側弯症に関して、本当に無知でしたので、初めにドイツで側弯症の保存療法として保険適応にもなっている治療法である、「シュロス法®」を学びました。

ここで側弯の方をみさせていただく上での基礎となりました。

ただ同時に側弯症の方への運動指導において難しさも感じていました。

その後更に側弯症の方へのより良いアプローチがないかと考え、「側弯トレーニング」を学び資格を取得しました。

一般的には側弯症に対する運動療法の科学的根拠が出ていないのは事実です。

しかし実際に担当させていただいた方の「見た目の変化」や「動きの変化」などがみられるのもまた事実です。

またまだ課題や解明されていないことも多いですが、基本的に「経過観察」として手術に至るまで何も対応がされていない事実に、側弯症の方のサポートをしたいと思いました。

これもまた「予防」に繋がっていると考えています。

このサイトを通し、多くの方の障害や疾病の「予防」の為に関わることが出来ればと思います。

活動場所

【パーソナルレッスン場所】

京都:阪急西京極駅から徒歩1分のスタジオ  

●パーソナルレッスンのご予約可能日時

火・水・金曜日:19時半以降〜(最終ご予約は何時からでも可)

土曜日:終日(ご予約は何時からでも) 日曜日:要相談

※同スタジオでグループレッスンも行っています。

毎週木曜日20:00〜21:00(少人数制ピラティスグループ)

 

【グループレッスン場所】

スタジオヨギー京都河原町スタジオ

毎週月曜日19:00〜20:00 コアコントロールピラティスベーシック(ピラティスグループ)

 

現在上記の施設で活動を行っています。

パーソナル(1対1)でのピラティスセッションや側弯症の方のトレーニングに関しては、お問い合わせください。

 

LINEからのお問い合わせがお手軽で便利です

The following two tabs change content below.
渡里恭平

渡里恭平

京都在住の理学療法士です。

京都・大阪を中心に、側弯症の方のサポート、ピラティスをベースとしたパーソナルトレーニングを行なっています。

プロフィール詳細や活動場所はこちらをご覧ください

更新日:

Copyright© フィジオK ~理学療法士・ピラティスインストラクター 渡里 恭平のblog~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.