側弯症の方のトレーニング

側弯症の方のトレーニング

まず初めに、このトレーニングセッションでは、側弯症の診断を行うというものではありません。

側弯症の診断は、医師のみが行えるものです。

当セッションでは、側弯症の方個人個人にあったトレー二ングを行うための「見立て」を行います。

なのでまず初めに医療機関での医師による受診をお願いしております

その上で側弯症の方に、パーソナル(1対1)でのトレーニングセッションを行なっています。

私は、理学療法士という経験を元に、ドイツでの側弯症の保存治療である「シュロス法®️」

理学療法士である中村尚人氏考案の日本人の特徴にあった「側弯トレーニング®️」の資格を取得しております。

更にピラティスのリハビリ資格を保持しておりますので、ピラティスの要素も加えながら個人個人に合わせたセッションを行なっていきます。

 

当セッションの考え方としては、

1.まず自分の体の状態を理解する

2.自分の体に合わせて日常生活を意識する

3.自分の体に合わせた運動を自身でも積極的に取り組む

というところに重点をおいています。

 

施術によって側弯症を改善させるというような他力本願のものではありません。

それを理解した上で一緒にトレーニングに取り組んでいきましょう。

 

側弯症の方のトレーニング体験の流れ

1.カウンセリング

まず初めにカウンセリングを行い、側弯症の発症時期や、装具作成の有無、お客様の今までの運動歴や、既往歴、レントゲンのお写真などを見させていただき、様々な情報をお伺いしていきます。

側弯症の方の場合、この様な今までの経歴をしっかり聞いていくことが非常に重要となります。

 

2.姿勢チェック・歩行チェック

【姿勢チェック】

初めのカウンセリング内容を踏まえ、

今度は実際に現在の姿勢や背骨の状態をチェックさせていただきます。

側弯の状態だけでなく、頭から足先までを細かくお身体の状態をチェックしていきます。

 

【歩行チェック】

また姿勢チェックの次は、歩き方のチェックを行います。

歩き方のチェックでは、歩き方を見ることにより側弯を助長させる可能性のありそうな動きやストレスが無いかなどを確認していきます。

 

3.スクリーニング・タイプ分類

次にスクリーニングテスト・タイプ分類をおこないます。

【スクリーニング】

姿勢チェックや歩き方のチェックの後は、各関節の状態や、筋肉の状態などを確認していきます。

 

【タイプ分類】

レントゲンのお写真を拝見させていただいた内容や、実際の姿勢や歩き方のチェック、またスクリーニングの内容により、側弯症のタイプ分類を行なっていきます。

該当するタイプによってトレーニングの目的や内容が全く異なりますので、個人個人にあったオーダーメイドのトレーニングメニューを作っていきます。

 

4.トレーニング

カウンセリング内容や先ほど行った、姿勢・歩き方、スクリーニングによるタイプ分類を行った後は、いよいよお客様に合わせたセッションを行います。

はじめての方にでも出来るだけ分かりやすく、丁寧に進めていきますのでご安心ください。

 

【呼吸を利用した肋骨矯正トレーニング】

トレーニングはお客様に合わせて選択していきます。

 

このトレーニングは、呼吸による肋骨の拡張を利用して、肋骨の矯正を促していきます。

胸部に側弯のある方は、肋骨の変形が見られる方が多いので、その場合このトレーニングは非常に重要です。

 

【四つ這いでの背骨の矯正・体幹筋力トレーニング】

トレーニングはお客様に合わせて選択していきます。

 

このトレーニングは、四つ這いの状態をキープすることで、体幹筋力を強くしていきます。

また側弯の部位に合わせて、個別に背骨を意識的に促していき、縮んだ筋肉のストレッチや背骨の矯正を行なっていきます。

 

【横向きでの腰部のストレッチとお尻トレーニング】

トレーニングはお客様に合わせて選択していきます。

 

このトレーニングは、特に腰部に側弯のある方に行なっていきます。

腰部の縮んだ部位を引き伸ばし、腰部の矯正を図っていきます。

また同時に脚を動かすことにより、お尻周りの筋力を強くしていきます。

 

5.セルフエクササイズ指導・フィードバック

パーソナル(1対1)でのトレーニングを一通り体験した後は、最後に自宅でも行えるセルフエクササイズの指導と、フィードバック(振り返り)、日常生活での注意点をお伝えしていきます。

実際のトレーニングセッションも大事ですが、この日常生活でのご自身の意識や、セルフエクササイズが非常に重要です。

初めは簡単なセルフエクササイズですので、出来る限りご自宅でも積極的に取り組んでください。

 

体験終了後にまた今後もパーソナルでのトレーニングセッションを続けて行かれるかどうかを検討してみてください。

トレーニングセッション頻度は、お客様の年齢やお住いの場所などを含めてご相談させていただきます。

強引な勧誘等は一切行いませんのでご安心ください。

 

ご興味のある方はご連絡お待ちしております!

側弯症の方のトレーニングセッションの活動場所

【ぴらてぃすすたじお慎】

京都:阪急西京極駅から徒歩1分のスタジオ 

 

※また上記の施設だけでなく、ご自宅やレンタルスペースへの出張トレーニングも受け付けておりますので一度ご相談ください。

                                             

パーソナル(1対1)でのピラティスレッスンや、側弯症の方のトレーニング、その他のお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせはこちら

 

LINEからのお問い合わせがお手軽で便利です

The following two tabs change content below.
渡里恭平

渡里恭平

京都在住の理学療法士です。

京都・大阪を中心に、側弯症の方のサポート、ピラティスをベースとしたパーソナルトレーニングを行なっています。

プロフィール詳細や活動場所はこちらをご覧ください

更新日:

Copyright© フィジオK ~理学療法士・ピラティスインストラクター 渡里 恭平のblog~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.