プライベート記事

久しぶりの登山で六甲山を完全にナメていた話

投稿日:

先週末に、8月に計画中のあるイベントの為に、トレーニングを兼ねて、約5年ぶりくらいの山登りに行ってきました。

今回は関西で、アクセスも良く、気軽に行ける六甲山に行ってきたのですが、久しぶりすぎて思ったよりしんどく、正直完全にナメてました。笑

関西でアクセスも良い六甲山

六甲山(ろっこうさん)は、兵庫県南東部、神戸市の市街地の西から北にかけて位置する山塊。瀬戸内海国立公園の区域に指定されており、また日本三百名山、ふるさと兵庫50山の一つでもある。

引用:Wikipedia

初心者にオススメの芦屋川駅〜六甲山最高峰〜有馬ルート

今回は、約5年ぶりの山登りということもあり、登山ルートは初心者向きとのことで、阪急芦屋川駅から六甲山最高峰までを目指す【芦屋ルート】を通り、更に六甲山最高峰から有馬温泉の方に抜けるというコースで行くことにしました。

山登りの後に、温泉に入れる最高のコースですね♪

阪急芦屋川駅から30分ほどかけて、登山道のある「高座の滝」へ向かいます。

芦屋川駅から、「高座の滝」までのルートは、標識が沢山あるので迷わないと思います。

芦屋は、関西で有名な高級住宅街ということで、かなりリッチなお家が立ち並んだ住宅街を抜けていきます。

人で「でっかっ!」とつぶやきながら、それこそ山の中よりもキョロキョロしながら進んでました。笑

 

高座の滝〜ロックガーデン

登山道の入り口である、「高座の滝」の脇にある登山道から登って行くのですが、いきなり岩場で早速手も使って岩場を登りながら進みます。

しかもこの日は、ずっと雨がシトシト降っていたので、若干滑りそうです。

いきなり滝にダイブしないように気をつけながら登りました。

少し登ると道標があるのですが、「風吹岩」と書かれている方に向かいます。

 

ロックガーデン〜風吹岩

少し風吹岩方面に進むと、「ロックガーデン」とはこれのことかと思わせる岩場が出てきます。

いきなり岩場をよじ登る感じのポイントがあり、まだこのあたりはかなり序盤だったので、すごく楽しかったです。

なかなか楽しいコースやなと思っていたのはこの時だけでした。笑

 

結構急な場所もあり、鎖がかかっている箇所もありました。

この日六甲山に登られている方は、結構ご年配の方もおられたり、また小学生の団体のグループもいたので、本当に幅広い年齢層が楽しめる山なんだな〜と思ってました。

こんな光景も見てたので、本当に序盤はかなり余裕ぶっこいてました。笑

 

風吹岩〜一軒茶屋〜六甲山最高峰

風吹岩までの途中には、鉄塔がいくつかあり、ここがちょっとした休憩ポイントになっているようです。

そしてネットで、この鉄塔の真下から写真を撮るというを見たので、僕も一応撮っておきました。笑

この場所は特に屋根があるという場所でもなく、それにこの日は雨も降っていたので、写真を撮ったらさっさと通過しました。

 

高座の滝から約40分ほど歩くと、一つ目のポイントである、「風吹岩」に到着!

晴れていればここから景色がしっかり見えるみたいなのですが、この日は想像通り何も見えず!

ただの「風吹岩」と書かれた看板がある場所でした。笑

そしてこのあたりから、まだマシだった雨がまぁまぁ降ってきたので、いよいよレインウェアやザックカバーも装着し登る状態に。

あえて雨のコンディションを選んで登りにきたので別にいいのですが、ここからが辛かった( ゚д゚)

本当に体力が落ちているのを痛感しましたね。。

普段ピラティスで体は動かしていますが、たまにはこういった有酸素運動もしないといけないですね。

最初の方に見かけたご年配の方や、小学生はこんなコース登ってるのか!と思いつつ、雨の中をひたすら黙々と進み、頂上を目指します。

ちょいちょい休憩を挟みつつ、黙々と登っていたので、頂上までの途中の写真はありません。笑

 

風吹岩から「雨ヶ峠」というところを通り、途中獣の臭いを一瞬感じながら(イノシシに結構出会うようなので気をつけてください)、やっとこさ山頂にある「一軒茶屋」に到着!

今回は9時半くらいに芦屋川駅を出発し、ここには12時過ぎに着きました。

実はここまでは車で行く道もあるので、車も普通に走ってます。

山頂に気軽に行きたい方は是非お車でどうぞ!笑

 

山頂にある一軒茶屋から、少し分かりにくかったのですが、道路を挟み少し登ったところが頂上です。

はい。

もうわかっていたのですが、とりあえずせっかく来たので、最高峰まで!

ということで、行って見ましたが、案の定周り真っ白!

少し広めのスペースに、この棒が刺さり、実は頂上じゃないんじゃないかと思わせるような景観。

ちゃんと登りましたよ。笑

 

そこから先ほど通った一軒茶屋に戻り、体も濡れて寒かったので、きつねうどんを食べました。

この一軒茶屋では、うどんや丼モノなんかが食べれます。

ビールやおつまみのお菓子も売っているので、おじさんグループはビールで宴会を始めてました。笑

僕も飲もうかと思いましたが、この先の温泉あがりに飲みたかったので、ここはグッとこらえ、休憩も早々に今度は有馬温泉方面に下って行きます。

 

六甲山最高峰〜有馬温泉へ

実はこの日は、夜に用事があったので、急いで下っていたので、またまた下りの途中の写真はありません。

ただひたすら登山道を下ります。

ちょっと走ってみようかと思いましたが、トレーニングがてら無駄にザックを12kgくらい背負ってたので、すぐやめました。笑

実は今回、初有馬!

有馬温泉は近いのですが、あまり温泉に行く機会がなく、今回初めて行くことが出来ました。

 

そしてやっと待ちに待ったこれ!

この日は終始雨とわかっていたので、この日は温泉!

というより温泉上がりのビールを飲むことを楽しみに登ってました。笑

いやー最高ですね。

やっぱり!

 

温泉も入り、ビールも飲んだので、入浴時間10分、有馬温泉滞在時間トータル20分ほどで帰宅しました。

今度はゆっくりきます(T_T)

 

今回久しぶりの山登りでしたが、

「初心者コースやし大丈夫やろ!」

と余裕こいてましたが、意外としんどかったです。

でもアクセスもよく、簡単な岩登りも体験でき、おまけに温泉に入って帰れるということで非常にオススメな六甲山でした☆

 

8月のあるイベントに向けて、トレーニングの為にもう少し山に登ろうと思います!

 

The following two tabs change content below.
渡里恭平

渡里恭平

京都在住の理学療法士です。

京都・大阪を中心に、側弯症の方のサポート、ピラティスをベースとしたパーソナルトレーニングを行なっています。

プロフィール詳細や活動場所はこちらをご覧ください







-プライベート記事
-,

Copyright© フィジオK ~理学療法士・ピラティスインストラクター 渡里 恭平のblog~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.